学費でローンを組む前に

学費ローンってどこから借りればいいの?

銀行の教育ローンが利用される理由

子供の成長を見守ることは親のかけがえのない喜びですが、長い子育て期間中充実感だけを満喫することができるわけではありません。

教育の為のお金をどのようにして調達するのか、という問題も避けて通ることはできません。

経済的な不安を抱えている家庭なら奨学金や国の教育ローンの借入も選択肢として浮上してくる筈です。

ただ、実は金利が高いというネックを抱えていることは百も承知で銀行の教育ローンの方を選ぶご家庭も少なくありません。

なぜなら、奨学金は“誰でも”頼れる制度とは言い難く、ほんのひと握りの人間しか審査に通ることができません。

申請自体、学校に入学する1年近く前に行わなければなりませんし、募集はたった1回しか行われませんのでうっかりチャンスを逃してしまう方も少なくないようです。

大学に入った後手続きすることも不可能ではありませんが、ほとんど採用枠は残っていないので確実性に乏しく、高校を通じて予約で採用して貰うコースを選ぶのが一般的です。

また、借入の返済義務を背負うのは通う本人・・・と言う点も引っかかるポイントかもしれません。

親の有り難みが分かるのは自分が親になってから、とよく言われますが、教育に関してもまだ若い年齢の時は必要性を必ずしも感じることができないことも。

100万円、200万円と言う高額な借入の重みも実感しにくいまま、10代でこの制度に申し込むことに否定的な意見も少なくありません。

国の教育ローンにしても保証人を立てなければなりませんし、とにかく煩雑な手続きが必要です。

銀行の教育ローンは思い立ったら即申し込むことができますし、保証人も必要なく利便性の高さで抜きん出ている為、利用者が多いのも納得です。


奨学金の注意点

お金がなくても奨学金を頼れば何とかなる・・・とよく言われますが、実はこの制度もパーフェクトではありません。

給付タイプならともかく、貸与タイプは当然、返済義務を背負わなければなりません。

確かに利息がついても民間企業の教育ローンの借入利息とはとても比べものにならない程安く、学校に通っている間は無利子という仕組みは通常の借入では考えられない程優遇されています。

大学院まで進むことで、返済スタートのタイミングをずらすことも可能です。

ただ、返済時期をずらしたとしても、いずれ返済生活を送らなければならないことを考えると、精神的な負担も予想以上に大きいようです。

社会人デビューと同時に返済生活が始まるわけですから、虚しくなってしまう方も少なくありません。

20代前半という若い年齢で200万円以上の借金があるわけですから、人によってはこの経済的ハンデのせいで「返し終わるまでは!! 」と婚期が遅れることも。

もちろん奨学金自体民間が提供しているものもありますし、必ずしも公的機関のものだけではありません。

全部合わせると50種類以上は選択肢がある筈です。

借りる本人の能力、経済状況によっても申し込むことができる制度、借入条件は異なるので一概には言えませんが、メリットだけではなくデメリット面もきちんと把握しておきましょう。

単純に学力だけではなく、人物像や健康面もチェックされます。

申請しても「NO」と言われてしまう可能性があることも、致命的な弱点の1つと言えますし、審査に費やす手間暇も相当なものです。


即日対応して貰える借入先

奨学金より民間企業・・・例えば銀行の教育ローンの借入を検討している親御さんは、利便性を重視する傾向があります。

借入の利便性とはズバリ、現金を調達するまでのスピード力と手続きのしやすさに他なりません。

奨学金にしても学資保険にしても国の教育ローンにしても、とにかく時間がかかる上複雑極まりない手続きが欠かせません。

借入の申し込みタイミングも自由性に乏しく、いつでも頼れる存在と言い難い点も問題です。

教育ローン自体、70以上の金融機関で取り扱っていますが、即日対応力という面で選ぶとなると店舗までわざわざ足を運ばなくて済むタイプの借入プランも狙い目です。

横浜銀行のカードローン型、一括借入型、住信エス・ビー・アイネット銀行のミスター教育ローン、千葉銀行のスーパー教育ローンなどは来店不要です。

スピード力では最短6時間以内に結果を教えて貰える八千代銀行の満点くんネクストも、注目を集めています。

しかも限度額も最高500万円と余裕がありますし、実質年率も最低2.000%から3.400%と非常に良心的な借入条件です。

トマト銀行や足立成和信用金庫、仙台銀行JFマリンバンクみえなど当日中の審査が可能な金融機関は結構ありますが、6時間は現時点で最速記録を出しています。

大阪信用金庫や中国銀行、朝日信用金庫などは2日程度、栃木銀行のとちぎん進学ローンなど4日程度の回答期間を設けているところが大半です。

スピードを売りにしていないプランの場合、余裕を持って1週間ぐらいは覚悟しておいた方が良いかもしれません。

学費ローンと同じくマイカーローンも即日対応が難しい金融商品です。

人気銀行のマイカーローンでは申し込みから振り込みまで1ヶ月程度掛かる場合もあるほどです。

審査時間の早いマイカーローンをお探しの方は「審査時間早いマイカーローン」を御覧下さい。

資金計画はゆとりを持って計画しましょう。